寅(とら)

寅 干支の由来

【寅】
虎は毛皮の美しい模様から前身は夜空に輝く星と考えられました。

決断力と才知

風水には「四神相応」という考え方があり、 「背後に高い山(玄武)、前方に海・河川などの水(朱雀)、 左右に丘陵や低い山(青龍、白虎)が囲む形状の土地が理想的。」 と言われています。 簡単に言うと、東西南北を司る4つの神獣(しんじゅう)を地形に当てはめたもの。 一族を末永く反映させるための知恵、一種の地相術です。 寅(白虎)は、この「4神獣」に含まれる動物。 あの勇ましい姿を思い浮かべてみれば、 家の守護神になってくれることは想像に難くないでしょう。 邪気を払う、家族を守るという目的で 寅の干支グッズを置いている方も多いようです。 寅グッズを置く方向としては、東北東が理想的です。

「寅(とら)」というのは「演」からきているのですが、この「演」という字はもともとの語源が「延」で、のばすという意味を持っています。 (余談ですが、ワザをのばすので演技と言います)

草木が地中から芽を出してのびていく季節にあたる月=2月(旧暦の1月)という事です。 そこで、動物は、のびのびと威勢のいい感じで虎になりました。

寅の動物:トラ(虎)

  • 寅の月:旧暦1月
  • 寅の時刻:午前4時を中心とする約2時間
  • 寅の方角:東北東よりやや北寄り
  • 五行:木気
  • 陰陽:陽
  • 意味:春が来て草木が生ずる状態を表します。

12支の中でトラは竜の次に異質なように思えます。 他の動物は人と関わってきた動物が主です。 家畜として飼われていたりと、人と密接な関係がありました。 しかし、トラに関してはどうでしょうか? 日本人にとって、トラは珍しい生き物です。 今でも動物園などでしか見ることはできませんし、昔から日本にはトラはいませんでした。 しかし、中国や朝鮮には野生のトラがいました。 『虎穴に入らずんば虎子を得ず』ということわざからも、トラがいたことがわかります。 また、教科書などにも載る有名な『山月記』では友人がトラになってしまう物語で、中国が舞台とされています。 まだ実物が日本にいなかった頃、中国などから絵は伝わってきていました。 日本ではトラは伝説の生き物だったのです。 しかし実物は見られなかったため、江戸時代には猫を見て想像してトラの絵を描いたという逸話もあります。 その頃の絵を見てみると、トラ本来の勇猛果敢さはあまりなく、猫をモチーフにしたんだな、と思われるようなどことなく可愛い目をしたトラが多く描かれているのです。 きっと少し凶暴で、少し大きな猫を想像して描いたのでしょうね。 実際はネコ科の中でライオンをも凌ぐほど、体格は大きく、12支の中では最も強いでしょう。 その勇ましさは猫の比ではありません。

毘沙門天は、元はヒンドゥー教の神でした。 仏教に帰依すると仏法を守護する一尊となり、北方を守護している武神です。 この毘沙門天は、トラと大きな関係があります。 全国の毘沙門天を祀る社の総本山、信貴山朝護孫子寺に聖徳太子が物部守屋を討伐しようと戦勝の祈願をしました。 すると天空から毘沙門天が出現し、必勝の秘法を授けてくれたのです。 そのお陰で、聖徳太子は討伐できました。 毘沙門天が現れたときが、寅年、寅日、寅の刻だったのです。 それ以来、その寺では毘沙門天とトラを祀るようになったのです。 また、鞍馬山では鑑真和上の高弟、鑑禎上人が鬼女に襲われたのを毘沙門天に助けられました。 そのときも寅の月、寅の日、寅の刻だったのです。 鞍馬山ではそれ以来、初寅の日に参拝すると大きな福を授かる、と言われています。 鞍馬山にはトラにちなんで、神の使いとして一対のトラの像があります。 まるで狛犬のように、その寺を守ってくれているのです。



虎の神様

◯白虎(びゃっこ):西


西方を守護する神獣で、刑禁の徳を司る。
また、血の神様といわれ、 夫婦円満により子宝と安産を授けるという 婦人の産事を司り子孫繁栄に導くとされる。
色は白で表し、季は「老の方位」秋、 刻は夕方をあらわす。
五徳おうち「義」を受け持つ神。
四神の一柱。 姿はその名の通り白い虎。
中華圏ではライオンではなく、虎が百獣の王とされ、さらに白い虎はその中でも五百年を生きて霊力を得た誉れ高き獣の王とされていた。
数百の獣虫(哺乳類)の王とされ、四方は西で、四季は秋で、四色は白である。
五佐は蓐収で、五行は金(金属の意味)。 街道に棲まうとされる。


◯四神相応

平安建都から約1200年の時を経て今なお繁栄を続けているこの地。
その歴史と都市の調和がとれた発展は、風水学における吉相の地であることを活かし、またその思想をもとに都づくりが行われたことに大きな要因があるといえます。

平安京は西暦794年、桓武天皇によって建都されました。
桓武天皇は、はじめ長岡京に遷都しましたが順調に進まず、起死回生を計って、風水に最適の地であった山背国(やましろのくに:平安京命名の際に桓武天皇が、山河が襟帯して自然に城をなす形勝から、山城国に改称)に都を移しました。
これが平安京の始まりです。

平安京遷都にあたって、桓武天皇は、風水学的に最高の吉相といわれる地相、「四神相応(ししんそうおう)の地」である山背国を選び、
さらに中国の古典に詳しい高僧や陰陽師を集め、風水のあらゆる知識を総動員して都造りをしたといわれています。

「四神相応」の「四神」とは、東西南北の四方を守護するとされる聖獣のことで、青龍(せいりゅう)、白虎(びゃっこ)、 朱雀(すざく)、玄武(げんぶ)のことを指し、
それぞれ特徴のある土地に棲むといわれています。その特徴を説明すると下記のようになります。
東:青龍 … 豊かな川の流れがある
西:白虎 … 大きな道があり交通の便がよい
南:朱雀 … 広大な平野や海があり視界が開けている
北:玄武 … 山や丘陵がある

これが京都のどの部分に該当するかと言うと、
東:青龍 = 鴨川
西:白虎 = 山陽道・山陰道
南:朱雀 = 巨椋池 (おぐらいけ:今は埋め立てられて存在しない)
北:玄武 = 船岡山・鞍馬山

京都盆地は、北にそびえる船岡山・鞍馬山、東に鴨川、南に巨椋池、西に山陽道・山陰道などがそろったまさに理想の地相であったのです。

平安京のほかにも、鎌倉・江戸は「四神相応」の地で風水を取り入れて作られたといわれており長く栄えました。
一方、豊臣秀吉は大阪に風水を導入しなかったので、短命に終わったとも言われています。

朱雀大路は今の千本通に重なり、この朱雀大路をはさんで大内裏から見て右手側を右京、左手側を左京と呼びました。
現在の地図で言えば、右側が左京、左側が右京になります。
現在の中心、烏丸通からずれているのは、時代とともに都の中心が東にずれてきたためです。そして、羅城門から東に200mのところに東寺が、西に200mのところに西寺が建設されました。
両寺は国家鎮護を願って平安京建都とともに建立されましたが、現在も残るのは東寺だけです。
そして、東寺には、京都の象徴のひとつにもなっている五重塔があります。
京都風水のロゴマークにはこの平安京を象った落款があしらわれています。


◯毘沙門天(多聞天)と虎

毘沙門天は、元はインド古代神話の神で、ヒンズー教では宝石の神。
仏教に帰依してからは、仏法を守護する四天王および十二天の一尊で、北方を守護する武神。
また、毘沙門天は、仏が説法する道場に常に居て説法を聴くことから、「多聞天」の名も持つ。
四天王の一将として祀られる時は「多聞天」、単独で一尊だけ祀られる時は「毘沙門天」と呼ばれる。
日本で最初に毘沙門天が現れたとされる信貴山朝護孫子寺や鞍馬寺の縁起には、「毘沙門天に援(助)けられたのが、寅年、寅日、寅刻だった」とある。
これに因んで、虎像が境内に置かれ、毘沙門天の神使として扱われている。
しかし、本来の神使は百足(ムカデ)だともされる。

毘沙門天は、戦勝の武神、開運出世の神として、武将の強い信仰を得た。
上杉謙信が「毘」を旗印にするほど毘沙門天を信仰したのは有名である。
また、財宝金銭授与、商売繁盛の功徳があるともされた。
福の神として七福神に仲間入りした。

・信貴山 朝護孫子寺

信貴山朝護孫子寺は、全国の毘沙門天を祀る社の総本山とされる。「縁起」の概要は以下のとおり。
聖徳太子が、朝敵物部守屋を討伐しようとこの山に来て、戦勝の祈願をすると、天空遙かに毘沙門天が出現して、必勝の秘法を授けてくれた。
その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻であった。
聖徳太子は、そのご加護で敵を滅ぼすことが出来た。用命天皇2年(587)。
世が治まって後、聖徳太子自ら、毘沙門天の尊像を刻み、伽藍を創建して、信ずべき山尊ぶべき山「信貴山」と名づけた。
延喜2年(902)、醍醐天皇から病気快癒に謝して、「朝護孫子寺」の勅号が贈られた。
以来、信貴山の毘沙門天は虎に縁のある神として信仰されている。

・鞍馬寺〜鞍馬蓋寺

鑑真和上の高弟・鑑禎上人が霊夢で白馬に導かれてれて鞍馬山に登り、鬼女に襲われたところを毘沙門天に助けられた。
それが寅の月、寅の日、寅の刻だった。そこで鑑禎上人は草庵を結び、毘沙門天を祀った。
これが鞍馬寺の開創である(宝亀元年−770)。
そのため「寅」に因んで、鞍馬寺の仁王門や本殿金堂の前には、神使として、対の虎像がある。
なお、鞍馬山は古くから修験の山として、天狗や牛若丸(源義経)などでも有名である。


◯虎のイメージに関する一考察

「虎」の原型は中華民族の形成期にまでさかのぼる。
原始の時代,獰猛な野獣 と向き合った先人たちは,彼らを征服したいと考え,それをイメージ化して自分のシンボルとしたが,
中でも「虎」を選んだのは虎の雄々しさに魅せられたからである。
中華民族の始祖の一人とされている伝説の神,「伏羲」は虎神であり,また自然を人格化した結果,「虎」は十二支でも最良の部類に属する干支となった。
「百獣の王」と称えられる虎は,他を圧倒する実力ゆえに動物界で覇を唱えているが,言語文化や民俗文化においても,強者や王者のイメージ,英雄 豪傑のシンボルとして受け取られている。
“虎気”,“虎歩”,“虎視”,“虎背熊 腰”,“虎嘯風生”などのほか,現代中国語ではあまり用いられない“虎士”(勇 猛な武人),“虎夫”(勇者),“虎彪”(たくましい),“虎旅”(精鋭部隊)などの言葉もあるが,
これらは「虎」がその雄々しいイメージから,自ずと軍事に結び付けられ,屈強な軍隊のシンボルとされたために生まれたものである。
さらに虎には重厚なイメージがあるため,尊敬や羨望の対象という色彩も帯びている。

十二支の「虎[寅]」が人生の理想像であるのは,「寅」の刻は明け方の4時ごろで,良き一日の始まりに当たり,さらに寅月とは正月のことで,
良き一年の始まりに当たるためであり,「虎[寅]」は干支としても羨望の的なのである。
反面,虎は獰猛,危険,残酷の象徴でもあり,“虎口”,“虎穴”などの言葉や一部の民話はこの負の面を反映している。
虎はこの本性ゆえに,悪者の象徴とされ,“龍争虎斗”は横暴の限りを尽くす虎のイメージを映し出してる。
十二支の虎のイメージは極めて芳しく,民話のイメージは好ましいものとそうでないものがあり,後者がやや勝っている。
そして言語におけるイメージもやはり二面的であるが,こうした人々の相反する心理,すなわち虎を恐れながらも 敬うという心理は,多くの原因から生まれたものである。
虎のイメージは何百 年,何千年もの長きにわたり,絶えず創造と変化を繰り返し,常に生命力をみ なぎらせているのである。


◯虎ノ門の由来

「虎ノ門」とは江戸城の南端にあった門の名前です。
明治6年(1874年)に、門が撤去された後もその近隣地域の俗称として使われ続けました。
虎ノ門の名が地名に初めて採用されたのは昭和24年(1949年)になってからとのことですが、もともとは、かつて存在した門があったことから、交差点名や都電・地下鉄銀座線の駅名となったということのようです。
虎は日本には、生息していないにもかかわらず、なぜ「虎」を使ったのか。
虎は、中国では、かなりいろいろな言葉に用いられている。
空の王者は龍であり、地上の王者は虎というイメージで、非常に良い意味でつかわれていることが多い。

ちなみに、 虎の子という言葉があるが、 これは、虎は自分の子を大事に守り、非常にかわいがって育てることから、大切なものや秘蔵品のたとえを意味する。

これは、あまり関係がないかもしれないが・・・

他にも、虎の巻という言葉がある。 これは、秘訣などを記した秘伝書のことを意味する。語源は、中国の兵法書である「六韜(りくとう)」に由来する。
「六韜」のうち、兵法の奥義が記載された秘伝書が「虎韜(ことう)の巻」であった。これがのちに略され「虎の巻」となったという。
虎は、戦いで強さを象徴しているととらえてよいであろう。
だとすると、
虎ノ門は、これから戦いにでるためにくぐりぬける門であり、戦いにおいて強いものが中にいるという意味で考えても良いであろう。


◯虎爺

一般的な虎は「猛獣のため近づくなかれ」という危険な印象がありますが、虎爺は虎の形をした神様。
土地神・山神・城隍爺の乗り物で、神様と一緒に土地を守ります。
また廟のために開拓する際、先導を担います。

通常虎爺は神様の机の下に控えており、鶯歌文化路の福徳宮のように早くから土地の公廟として建築された廟にも祀られています。
旧暦五月一日前後に、新荘地蔵安で一年に一度の「新荘大拝拝」が催され、虎爺は爆竹を口にくわえて巡礼し、人々は「虎爺」と騒ぎたてます。そばには爆竹が山と積まれ、儀式がにぎやかに執り行われます。


◯黒虎将軍

宋朝時代からの言い伝えによると、虎が1人の婦人を丸飲みにしたところ、婦人が頭にさしていたかんざしが喉に刺さりました。
ひどい苦痛のため、呉真人に助けを求めて来たのですが、呉真人は「おまえは多くの人や獣を殺した。
これは天の懲罰だから、おまえを救うことはできない。」と責めました。

ところが虎は立ち去ろうとせず、ずっとその場で頭を下げ懺悔していたので、呉真人はその真心に感動し、ついに治療してやりました。
虎は呉真人の恩恵に感謝し、それ以後、片時も真人から離れず、生前は真人の乗り物として働き、死後も忠誠に守護したので、真人は猛虎を神にしてやりました。
民間では毎年4月16日を「虎爺」の祭日とし、「黒虎将軍」または「将軍爺」と呼んで尊崇し、民間の「虎爺」とはまるで違います。


◯開明獣

開明獣は身が大きく虎に似て、九つの首、みな人面、東を向いて昆侖の上に立つ。

開明獣は昆侖の門番である。  昆侖(こんろん)というのは崑崙とも書くが、中国の伝説によく出てくる楽園のことである。
伝説の楽園といっても異世界にあるわけではなく、あくまでこの世界の大地のどこかにあることになっている。
だが、そこは天帝(天上界にいる神様の親玉)の地上の領地ということになっていて、高く険しい山や深い谷にかこまれ、普通の人間はたどり着けない場所なのだ。

 そのような場所を守る生き物だから、よほど強くなくてはならない。
開明獣がトラの姿をしているのは、トラがアジアでもっとも恐れられる生き物だからだ。
また、『山海経』によれば、昆侖には九つの門があることになっている。
開明獣は九つの門それぞれ、その門のすべてを見張らなければならないので顔が九つあるのだろう。


虎のことわざ

◯虎の子

意味
大切に持ち続けて手放さないもののこと。秘蔵品。
由来
虎は自分の子を大事に守り、ものすごく可愛がって育てるとされていることに由来しています。虎の母性愛からうまれた「ことわざ」と言えるでしょう。

◯虎の威を借る狐

意味
自分は大したことはないにもかかわらず、他人の権力をかさに着て威張る人のこと。
由来
キツネは自分のあとに続いて虎を歩かせた時、ほかの動物たちは虎を見て逃げたのだけど、虎はキツネが強いからだと思い込んでしまったことに由来しています。

◯前門の虎、後門の狼

意味
一つのわざわいを防いだところに、また別のわざわいが降りかかってくること。
由来
前の門から来た虎を追い払ったと思ったら、今度はうしろの門から狼がやってくることに由来しています。同じような意味の「ことわざ」では「一難去って、また一難」、「虎口(ここう)を逃れて龍穴(りゅうけつ)に入る」などが挙げられます。

◯虎に翼

意味
ただでさえ強い者に、さらに何かほかの威力を加えること。もとから勢いのあるものに、より力を加えて一層勢いづかせること。
由来
とても強い動物として知られている虎に、もし翼がついたら…?と考えた人がいたのでしょう。ちなみにこの「ことわざ」は韓国でよく使われています。日本では「オニに金棒」のほうが有名ですよね。ほかに「馬に鞭(むち)」、「火に油を注ぐ」なども似たような「ことわざ」です。

◯張り子の虎

意味
肩書きだけ立派だけれど実力のない人や、弱いくせに見栄を張って強く見せようとする人。また、うなずくクセがあったり、何にでも同意して自分の意見を持っていない人のたとえ。
由来
意味が二通りあることから分かるように、それに関する由来も二通りあります。一つ目は「張り子の虎」と聞くといかにも大きくて強そうに思うかもしれませんが、実は材料に竹と紙を使って作った虎のおもちゃということに由来しています。二つ目はこの「張り子の虎」、首を縦に振るしくみになっていることに由来しているんですね。

◯雲は竜に従い、風は虎に従う
[易経乾卦]雲によって竜が勢いを増すように、聖天子の下には必ず賢臣がいて君を助けるということ。
◯騎虎の勢い
[新五代史唐臣伝、郭崇韜「俚語曰、騎虎者勢不得下」]虎に乗って走る者が途中で下りることができないように、物事のゆきがかり上、中途でやめにくいことのたとえ。はずみのついた激しい勢い。
◯虎子地に落ちて牛を食らうの気あり
◯虎の子は生れたてから牛を食うほどの気性を持っている。

◯時に遇えば鼠も虎となる

◯時運に際会すれば、つまらないものも勢いを得る。
◯虎は千里往って千里還(かえ)る
◯虎は1日の間に千里の道を行き、また戻ってくることができる。勢いの盛んなさまのたとえ。
◯竜虎相搏(う)つ
実力の伯仲した強豪同士が相対して戦う。
◯竜驤虎視
(竜のようにのぼり虎のように視る意) 英雄・豪傑が一世に威をふるうさま。
◯竜攘虎搏
(「攘」ははらう、「搏」はうつ意) 英雄・豪傑がはげしく戦うさま。

寅にまつわる昔話を読む

上部へ戻る