巳 干支の由来

【蛇】
執念深いと言われる蛇ですが恩も忘れず、助けてくれた人には、恩返しを行うと言われています。

探究心と情熱

金運UPの象徴として知られている蛇。
実際、風水でも財運UPのお守りとしてよく蛇グッズが使われます。

古来、脱皮を繰り返す蛇は「命」を象徴する動物として 人々から崇められてきました。 生命力が強い→農作物にもその力を分けてくれる! ということで、稲作の守り神としても信仰されてきたのだとか。

また、脱皮する姿が「永遠」を思わせることから、 富や繁栄の象徴とも捉えられてきたのです。

蛇に関係する風水グッズでメジャーなものといえば 「抜け殻」ですが、財布やアクセサリー、置物などでも 同じ開運効果がありますよ。

方角としては、南東が良いでしょう。

巳の動物:ヘビ(蛇

  • 巳の月:旧暦4月
  • 巳の時刻:午前10時を中心とする約2時間
  • 巳の方角:南南東よりやや北寄り
  • 五行:火気
  • 陰陽:陰
  • 意味:草木の成長が極限に達した状態を表します。

蛇には手足はありません。 そもそもなかったのかと言うとそうではなく、進化の過程でなくなっていったのです。 元々、トカゲの一種であったと考えられていますが、その種が水中や地中で生活していく中で手足が邪魔になり、退化していったのです。 つまり、手足をなくす、というのが蛇にとっての進化でした。 今でも一部の蛇には手足の名残があります。 大腿骨が残っているニシキヘビもいるほどです。 手足がないからといって、蛇は移動するのに困りません。 長い全身を上手に利用して動きます。 ブラックマンバという蛇は、最大時速20kmで動くと言われています。 全身3mほどの蛇が50mを9秒の速さで走るのですから、その運動能力は凄まじいものがあります。 また、トビヘビという蛇は空を飛ぶこともできます。 無論、羽根などないので鳥のように飛ぶわけではないのですが、木から木へと移る際、その先端から飛びます。 そして目標の木に移るのです。 その際、落ちないように体を平たくして、浮力を使います。 飛ぶものは100mも飛ぶのだそうです。 そのような生態を見ると、手足がなくても困ることはなく、むしろなくなっていった理由がわかりますね。

蛇は金運をつかさどると言われます。 夢の中に蛇が出てきたから宝くじを買おう、というのはよく聞きます。 蛇は古代インドで弁財天の使いと言われ、さらに白蛇は弁財天の化身と言われていました。 そこから、白い蛇が家に住み着いたら金運に恵まれる、蛇を見たら金運がアップする、などと言われるようになったのです。 また、蛇は脱皮する生き物です。 脱皮は『死と再生』を連想させ、蛇には生命力があるとして各地で信仰の対象になりました。 蛇の抜け殻は漢方などにも使われ、財布に入れておくとお金が貯まるとも言われています。 これも脱皮のように、中のお金が出ていってもまた入ってくる、というところから来ています。 お金が身(巳)につく、実(巳)入りが良くなる、など駄洒落のようにも言われています。 蛇革の財布が人気なのは、こうして蛇に金運があるからなのです。 ちなみに、蛇の抜け殻なんてどこで手に入れられるのでしょうか? 街を歩いていて、道に落ちているのなどなかなか見かけません。 探してみると、インターネットでも販売されています。 今は何でもネットで買える世の中なのですね。


【ヘビの神様】

◯出雲大社

龍蛇神とは 八百万の神々が出雲にお集まりになる旧暦十月、出雲ではいわゆる神有月になると、風が強くなり、海が荒れてきます。そんな時期に出雲大社の近くの浜ではウミヘビが打ち上げられることがあり、その蛇は背は黒色ですが、腹はオレンジ色や黄色で、夜に泳いでいるところを照らすとまるで火の玉が近づいてくるように見えるそうです。最近は海流の関係で上がらなくなったそうですが、昔は打ち上げられた蛇は出雲大社に奉納されました。その蛇は大国主大神のお使い神であり、八百万の神が出雲に来られるときに先導される神だと信じられ、そして人々は祝福をもたらす神「龍蛇さま」とお呼びして篤く信仰してきました。

 旧暦十月十日、稲佐の浜に八百万の神々をお迎えする出雲大社の神迎神事の際には、龍蛇さまが安置され、神事が執り行われます。そして、龍蛇さまは八百万の神々の依り代であるヒモロギの先導として出雲大社までの神迎の道を進みます。そして、神迎祭においても安置されお祭りが行われます。その後一週間の神在期間は龍蛇さまが奉安され、一般の人も奉拝することができます。

【龍蛇神の霊力】

また、大和朝廷が出雲の龍蛇神の霊力を重視したのではないか、という説があります。古事記や日本書紀を読むと、出雲の存在が非常に大きく扱われていますが、その理由として、國學院大學教授の新谷尚紀氏は著書「伊勢神宮と出雲大社」(講談社選書メチエ)の中で以下のように述べられています。

 「毎年、西方からの荒れる海流に乗って寄り来る霊妙な龍蛇を迎えて祭り、出雲の王はその自然的霊威力を自らの霊肉に受け取り、その祭祀王としても文化的霊威力を更新しつづけていた祭祀王であったと考えられるのである。  それに比べて、倭の五王以来、大和の王権に欠けていたのは、その呪術性であり宗教性であり根源的な祭祀王としての霊威力という属性であった。」

つまり、大和の王は強大なエネルギーを持つ出雲の王と出雲の龍蛇神の霊威力を取り込みたかったからではないか、ということです。


◯蛇神信仰

私たち日本人の信仰は、古代神話の上に、道教の神話(陰陽五行)、そして密教の神話(五大・三密)が習合しています。

【蛇を恐れる思い】

中国の天地開闢の創生神は伏犠と女・女咼(じょか)ですが、人面蛇身の兄弟神なので、中国の祖先神は蛇なのです。 かたや日本の祖先神は鰐になります。 しかしキリスト教では、蛇は人間に智恵の実を教えた邪悪の権化です。 人類の蛇への敵視は、古代に体験した恐竜の畏怖があらわれたものかもしれません。 天文学者カール・セーガンは、爬虫類の脳、哺乳類の脳、霊長類の脳が、一人の人間のなかに混在しているというのです。

【身殺ぎ=みそぎ】

蛇の脱皮は、蛇に永遠と新生をもたらすもので、古代人はこの様を擬こう(もどく=真似する)と、 祭りの中でミソギ(禊)を行い、再生の儀式とした。

【男性器としての蛇頭・モノザネ】

蛇の頭部の形は男性器に相似しているため、生命力の象徴として畏怖、崇拝の対象になった。 稲作文明をもって渡来した弥生人にとっては、野ネズミを丸飲みする蛇の姿は、田を守る神に見えたのだろう。 蛇の赤く光り輝く眼は、ホオズキの形であり、立ち上がった時の男性器にも似た頭の形でもある。 とぐろを巻いた時の蛇は、物実(モノザネ)としての山であり、樹木の皮は蛇の肌のモノザネになる。 竪穴式住居は、とぐろを巻く蛇となり、うねうね伸びる蔓も地面を這いずる蛇のモノザネとなる。

【古語・カカ】

大祓いの祝詞をお読みになったことがありますか?  「高天原にまします皇祖神は・・・瀬織津姫という神、大海の原にもちいでなん・・・・  速開つ姫(はやあきつひめ)という神、持ち『カカ』呑みてん、  かく『カカ』呑みてば、気吹戸(いぶきど)に坐す気吹戸主という神・・・。」

カカ呑むとは、邪悪なものを丸ごと飲み干す、蛇の呪力を現しているのです。 カカとは赤々とした蛇の眼光の光を現し、カガチ(酸醤)、ヤマカガシ(山酸醤)、ミズチ(水蛇)、オロチ(大蛇)などと呼ばれた。 蛇の全身が神の化身であり、頭部は男性器やカガ身(鏡)として見立てられ、尻尾は剣として三種の神器に選ばれているのです。

【密教タロット】

蛇は正統派キリスト教に嫌われている、知恵を与えるシンボルです。 また蛇のペニスは二つに分かれ、絡み合うその交尾の時間は30時間もかかるというところから、 性的なシンボルとしても解釈されているのです。 蛇は生産や大地性の象徴なのです。


◯信仰の対象としての蛇

蛇に関する信仰と言えば「白蛇」が有名ですが、「白蛇」に限らず、洋の東西を問わず、蛇は古代から神の象徴とされてきました。原始宗教やシャーマニズムにおいても、信仰されており、このブログで扱っている「君もシャーマンになれる」シリーズを考えていく上でも重要なポイントです。 ちなみに、巫女として著名な「卑弥呼」は、古代朝鮮語で「ビミファ」と読まれ、ビミは「日」「光」、そして「蛇」の意味があり、ミファは神と言う意味があったと言われます。 つまり、卑弥呼は「日神」(アマテラス?)であり、同時に「蛇神」であったと言うことです。(※なお、るいネット投稿などにもありますが、卑弥呼の治めた邪馬台国は朝鮮半島にあったと考えられます。) また、日本においては、神の語源も「蛇」カ「身」ミを基にしていると言う見方もあるぐらいで、原始的信仰心と切っても切れない関係にありそうです。(お正月の鏡餅も、本来は「蛇身(カガミ)餅」といい、とぐろを巻いた蛇を模したものであったとか。出典:民族学者 吉野裕子) 他に、日本における信仰では、八岐大蛇や大物主などが知られています。


◯なぜ蛇が信仰されてきたのか

蛇が信仰されてきた背景には、一般的に以下のような理由が上げられ、世界各地の原始信仰において「豊穣と生命力の象徴」として、信仰されてきたと考えられています。

  • ・眠らず、脱皮して若返る(ように見える)、強い生命力がある。→生と死を超越した存在と考えられた
  •  
  • ・水陸さらには木の上まで、どこでもかつ素早く移動できる。→あの世とこの世の往来さえ可能ではないかと考えられた
  •  
  • ・強い毒を持つ一方で、薬としても用いられた。→生命、医学・薬学の象徴と考えられた
  •  
  • ・独特の姿・形→川の姿に重ねられ、川の流れや天候を支配する水神、大地母神として考えられた

なお、蛇の光を照り返す鱗身や閉じることのない目を鏡と見立て、太陽信仰と結びつける地域もありました。先述した「卑弥呼」が「日神」であり「蛇神」であったと言う背景には、この蛇と太陽信仰との結びつきがあったようです。

【閉じない蛇の目】
こちらのサイトからいただきました 蛇の姿はその形状と独特の質感から、男根、剣、金属と結びつけられて男性神とされる一方で、生命や豊穣を司るものとして女性神と見られることもあります。これが、中国の女媧や伏義の例やナーガの男女混合などに表れており、日本における「しめ縄」も、蛇の交合を擬したものであると言われています。(ちなみに蛇の交尾は凄まじくエネルギッシュで、何日間も連続で交わるのだとか・・・) このように「蛇」は生命の象徴・豊穣の象徴であると同時に、「性」の象徴でもあったのです。(「性」は生命エネルギーそのものとも言えるので、当たり前と言えば当たり前です)

【絡み合うへびの交尾】
こちらのサイトからいただきました 日本の八岐大蛇やギリシャ神話のヒュドラ・ゴルゴンなど、恐怖の対象として描かれる事例もありますが、これらは時に氾濫する川の流れを支配する自然神・水神への畏敬の念を、後の支配部族が自部族に都合の良い神話として編纂する中で、単なる恐怖の対象に矮小化した事例であると考えられます。


◯弁財天の蛇

【弁天/弁才天/弁財天/弁天について】

弁天は、古代インドにおける川の神(女神)で、サラスヴァティといい、水神、農業神として崇拝されたという。 仏教の守護神として日本に入ってきた当初は、8本の腕に宝珠・剣・弓矢・金剛杵等を持った姿(八臂像)だったが、鎌倉時代になると2本の腕(二臂)で膝を立て琵琶を弾く姿(像)が一般化し、芸能の神様ともいわれるようになった。

弁天は、学問・弁舌・音楽・除災・財宝・至福を与える神で、農業神・海上神・福徳神などとして人々の願いを聞きとどけてくれる女神と信じられている。 江戸時代には、当初の弁才天から、より現世利益の「財」を強調した弁財天と呼ばれて、七福神の一神ともされた。 神道では市杵嶋姫が弁財天とされた
また、弁天は神仏習合して、神道では、天照大神との誓約(ウケイ)の際に須佐之男命の剣から生まれた三女神(宗像三女神=海上交通安全の神)、特に、そのうちの一人、市杵嶋姫(イチキシマヒメ)を弁財天として祀る。

江島神社(神奈川県)、厳島神社(広島県宮島)、竹生島神社(滋賀県琵琶湖)が (神道系)日本三大弁財天とされる。

弁天は宇賀神とも習合した… 一方で、弁天は日本神道古来の神である宇賀神とも習合して一体化し、弁天の頭上に宇賀神が載っている像や蛇身の弁天像もある。 宇賀神は日本固有の神で、老人の頭を持ち身体は白蛇(人頭蛇身)の姿をしていて、農業・食物・財福の神とされる。

〈矢川弁財天〉
阿吽はしていないが、うろこのはっきりした蛇。 とぐろは左巻き、右巻きと異なるが、同形である。
東京都立川市羽衣町3-29 JR南武線西国立駅下車歩7分

〈光福院ー弁財天堂〉
宝珠山光福院医王寺(ヤクオウジ) 弁財天堂前、とぐろを巻く大蛇 阿吽をして、太く長く重量感のある、おっとりした蛇像
埼玉県三郷市早稲田8-16 JR武蔵野線三郷駅北口、早稲田西循環バス・「光福院」下車

〈久下田 白蛇弁財天〉
社伝によると、大永2年(1522)安芸の宮島より分霊し祀ったと伝わる。 かつてこの社は森厳幽すいの地にあった。 社の中には二匹の白蛇が住んでいて吉凶異変があると姿を現したとされる。(白蛇弁財天由来記)
栃木県芳賀郡二宮町久下田(クゲタ)古池ヶ淵 真岡鉄道久下田駅下車5分

〈白蛇神社(宝冠白蛇弁財天)〉
岩国白蛇保存会(白蛇資料館)に併設された神社である。 宇賀弁財天を祀る。 弁財天と、日本古来の人頭蛇身の宇賀神とが習合した神で、両神はともに、農業神(稲荷神)の要素と財福神などの要素をもち、蛇に縁のある神である。 神社入り口の階段上に、弁財天の神使の白蛇の像が対で奉納されている。 蛇は、米俵に巻きつき、打出の小槌に顎をのせていて、上述した祭神の農業・財福の功徳(ご利益)を表している。
山口県岩国市今津町6-4-2 JR山陽本線「岩国駅」下車、約1500m

〈磯山(出流原)弁財天〉
出流原(いずるはら)弁天池は古生層石灰岩からの湧水で名水百選。
弁財天のお使いの、大きなオブジェ風白蛇像などが奉納されている。 栃木県佐野市出流原町1,262 両毛線「佐野駅」、市営バス「さくらの里」行で「赤見温泉」下車又はタクシ−

〈大谷寺(大谷観音)・弁天堂〉
「大谷観音」の名で知られ、坂東33霊場の第19番札所。 堂内の岩壁面に彫られた磨崖仏は、国の重要文化財であり特別史跡。 本堂左手奥にある大きな池の中の島に弁財天を祀る。 左右に神使のオブジェ風白蛇がある。

赤い弁天堂の白ヘビの由来(大谷寺の説明坂)
「昔、この池に毒蛇が住んでおり、毒をまき人々を困らせていました。 時に大同、弘仁の頃、弘法大師がこの話を聞き、秘法をもって退治したといいます。 その後、毒蛇は心を入れ替えて白へびとなり、弁財天にお仕えしています。」
栃木県宇都宮市大谷町1,198 JR宇都宮駅から関東バス大谷方面行き「大谷観音前」下車

〈上神明天祖神社内・弁天社〉

元享2年(1322)の旱魃時の雨乞祈願による降雨を感謝し 蛇窪村の鎮守として創建されたと伝わる。
境内の弁天社にオブジェ風の白蛇が奉納されている。 荏原七福神のひとつ。
東京都品川区二葉4-4-12
東急大井町線「中延明駅」徒歩10分


◯太平山神社

蛇と水神のはなし
太平山神社には蛇神を祀るお社があります。
日本の蛇信仰は広汎に渉りますが、まずは水神信仰との関係についてお話ししたいと思います。 もともと日本には、縄文時代の地層から「蛇を頭に巻き付けた女性」を象った土偶が発見されているように、蛇に対する信仰は古くからありました。 日本の蛇である「地ムグリ」は、鼠を捕らえ穴にもぐるのが好きな蛇です。
「山カガシ」は水辺に多く蛙や淡水魚などを補食し、「青大将」は鼠が好きで山村に多いのが特徴です。 一般に、蛇が「田を守る神」とされるのは、蛇が男根への連想から種神(=穀物神)として信仰されたからであり、田の稔りを荒らす野鼠を補食するからと考えられています。 水田稲作を中心とする日本の農耕においては、農耕神は水神ととても密接な関係にあります。
古来「雨乞い」が重要な祭祀の一つであった所以です。 そして蛇神は、蛇と龍との習合、および湿地を好んで生息する習性にもとづき、水神の使い、もしくは水神そのものと考えられるようになりました。 これに加え、命の再生の象徴のように見なされる脱皮という生態やその生命力の高さが、蛇に対する畏怖の念を強め、さらにそれが「蛇信仰=水信仰」を根強いものにしたと考えられます。 また一方で、水神としての蛇は、弁財天(べんざいてん)や宇賀神(うがじん)の神使としても信仰されています。 宇賀神というのは穀霊であり、弁財天には本来水の神の特性があります。 これらの神が中世以降、習合して各地に流行し、海辺や川・池の畔に祀られるようになったのです。 弁財天の縁日(巳待講)が巳の日に行なわれるのは、そうした由来によるものです。 太平山神社の境内には、江戸時代まで弁天社があり、その社殿は池の近くに建てられていました。 明治以降、弁天社は無くなりましたが、水神信仰そのものは残りました。現在の蛇神社は、江戸時代の水神信仰の名残を僅かに留めているのです。


◯蛇ー日本の蛇信仰

蛇と言えばほとんどの人が嫌悪感と恐怖心、ある種の畏敬の 念などを持たれていますが、日本民族が縄文時代から蛇を 信仰していたことは事実のようです。古代においては蛇は絶対の 信仰の対象でしたが、時代が下るにつれて人々の認識も変わり 日本民族の蛇信仰の中に、畏敬とは別に強度の嫌悪が含まれて くるようになりました。

畏敬と嫌悪の二つの要素のため蛇信仰は次第に象徴の中へと 埋没して行くようになりましたが、その象徴は今も私たちの周りに 存在し、その由来を知らぬまま信仰の対象になり、生活習慣の 中にいきつづけているようです。

*古代に蛇は何故信仰の対象になったのか。
1 蛇の形態が男性の象徴を思はせ、縄文人の露わで激しい   性に対する憧れ、崇拝、畏怖、歓喜が凝縮されて象徴になっていること。
2 毒蛇、蝮などの強烈な生命力と、その毒で相手を一撃の下に倒す。 これらのことが相乗効果を持って、蛇を祖先神にまで高めていったものと
思はれます。
*日本原始の祭りの形は神蛇とそれを祀る女性蛇巫(へびふ)を中心に   展開されました。女性蛇巫の役割とは。 1 女性蛇巫が神蛇と交わること。
2 神蛇を生むこと。
3 蛇を捕らえて飼育し祀る。
1は実現不可能なので、円錐形の山の神、蛇の神体に似た樹木、石柱などの 代用物で交合のもどきをすることが考えられ、2、3は実際に蛇を捕らえてくる ことで実現し厳守されたようです。

【頭上にまむしを乗せた土偶(縄文中期)】
弥生時代になると稲作の発達につれて、その収穫を阻害する野鼠の 天敵として田の神の蛇信仰と、それまでに引き継いだ縄文の蛇信仰が 混合し、複雑化していきました。弥生人にとって男性の象徴を思はせる 蛇の形態は男性の象徴ー種神ー蛇ー稲の実りとして、又蛇が成長するに つれて目や鼻まですっぽりと脱皮するさまは、それなくしては生きて いけないためにそこに新生と永世を見てとり、縄文人に勝るとも劣らない 信仰の対象になっていったようです。 時代が下るにつれ日本神話の中で描かれている蛇は、嫌悪の要素が 強くなってきて、蛇に象徴されるものやもどきが出現していきました。そして とぐろを巻く蛇を連想させる姿から円錐形の山や家屋(竪穴式住居)などが 信仰の対象になっていきました。

【大和の大神神社(オオミワジンジャ)のご神体三輪山】
秀麗な円錐形の山は人の心に一種の敬虔な信仰を呼びさまします。 蛇信仰に覆われていた古代日本人の目には祖先神の蛇がずっしりと 大地に腰を据えてとぐろを巻いている姿として映ったのではないかと 言われています。大神神社の祭神の大物主神(オオモノヌシノカミ)は 蛇でその妻は、山麓にある日本最古の古墳、箸墓古墳(ハシハカコフン) の主ヤマトトトヒモモソ姫と言われています。

【箸墓古墳】
大神神社と箸墓古墳の関係は神蛇と女性蛇巫の交わりを 裏付ける伝承として、神と巫女の神婚説話の代表になっています。 吉野氏は前方公円の古墳の形そのものが蛇を象徴しているの ではと問いかけています。三輪山と箸墓は切り離すことのできない、 日本原初蛇信仰の証(あか)しではないかとのことでした。

【佐太神社(本殿(国重文)は三殿並立という珍しいもの。三殿とも大社造です。)】
日本各地には蛇が祭神の神社が相当あり、出雲の佐太神社 (出雲大社と並ぶ由緒ある神社)の大祭の神事には必ず海神の 竜蛇が出雲のいずこかの浦にあがるという言い伝えがあり、 現在(この本の書かれた昭和53年)でもこの祭りの際には生身の 海蛇が奉納されるようで、祭神の佐太大神と蛇の関係が推測されます。

【雪の諏訪大社上社本宮拝殿】
諏訪神社では元旦の祭事として、土を掘り起こして冬眠中の蛙を取り出し、 それをその年最初のお供え物として、諏訪の神に供えるということをしています。 これは諏訪の神に蛇の性質を見ていることができそうです。 又蛇のトグロを連想させる円錐形家屋として、竪穴住居に似た土室を祭事に用いた 『土室神事』(ハムロシンジ)は、ご神体の蛇を土室の中にこもらせる神事で、 実際にこの行事は十二世紀まで諏訪大社に伝承されていたと言われています。

【大元神の神事】
神社だけでなく島根県邑智郡(オオチグン)一帯では大元信仰により、わら製の蛇が 信仰の表徴とされ、この藁蛇は「託綱(たくつな)」といわれ、神懸かりがあったとき、 大元神が憑いた人がこの綱に手をかけて託宣を行っていました。託宣とは神職が 来年の作柄や災難の有無などを聞き出すことだそうです。


日本の神話の中に活躍する蛇は、三輪山の神蛇とともに須佐乃男命に 退治された八俣大蛇(ヤマタノオロチ)、海神の娘豊玉姫などがあります。八俣大蛇の場合、大蛇の尾から出現した剣は正真正銘の蛇の精と言われ、 書紀に天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)と記され、鏡と並んで皇位象徴の 神器になっている事実は、日本古代人における蛇信仰の根強さを証する ものではないでしょうか。鏡も蛇の目にはまぶたが無いため、まばたきの ない目は「光る」ものとして受けとられて畏怖されてきたこと、蛇の古語 「カカ」から「蛇(カカ)の目(メ)」ー「カカメ」が「カガメ」−「カガミ」に転化して 丸くて光る鏡になり、三種の神器の筆頭になたのではないかと考えられて います。 海神の娘、「豊玉姫」は蛇体となって「ウガヤフキアエズノミコト」を 産み、その皇子はそのおばの「玉依姫(タマヨリヒメ)」との間に後の 神武天皇をもうけることになります。「豊玉姫」が竜蛇であるならば、 その妹の「玉依姫」の正体もまた当然のことながら竜蛇と推測されます。 初代天皇の生母が竜蛇であることは、女祖先神としての蛇を考えて いる思想のあらわれであって、この神話は天叢雲剣に劣らず、古代 日本人の蛇神聖視を示していると言えます。

【大神神社(オオミワジンジャ)の拝殿としめ縄】
時代が下るにつれて蛇はうとましく思はれるようになり、神話の表面 から隠されて行きました。八俣大蛇は悪の象徴とされ、三輪山の神も 豊玉姫も、ともにその正体を恋人の前にさらすその瞬間が永遠の別離に なっています。悪徳の象徴とも言うべき大蛇の精髄の剣が天皇の位の しるしとされ、蛇体の豊玉姫、同じように推測されるその妹の玉依姫が、 ともに皇室の女祖先となっている事実は、蛇信仰の根深さを後世に 実証していると言えます。

【銅鏡】
平原遺跡(ヒラバル福岡、糸島)出土の日本最大の鏡 日本民族が縄文時代から蛇を信仰していたことは明白な 事実ですが、知能が進むにつれ畏敬とは別に強度の嫌悪 がふくまれてきましたのは、始めに述べたとおりです。 畏敬と嫌悪の二要素のため、蛇信仰は象徴につぐ象徴として 存在し続けることになりました。

【大神神社のしめ縄】
象徴の中でも際立っているのはしめ縄で、長時間におよぶ雄雌の 「蛇の交尾」の造形がしめ縄となり、最も神聖視されて神社の 一番目立つところに飾られています。お正月のしめ飾りもその流れに あると言えます。又お供えの鏡餅は、鏡は蛇の意味であり二段重ねの 餅はトグロを巻く蛇の姿であり、上から見れば大小2重の輪であって それはまさに「蛇の目紋」であると言われ、小餅も蛇の卵の象徴と 考えられています。日本人にとって正月のしめ縄と餅は祖霊の象徴 としてなくてはならない物になっているといえます。

【大神神社(オオミワジンジャ)拝殿(複数の鏡が見られる)】
神社には蛇の目である鏡が祭られ、しめ縄がはりめぐらされ、 家ではお正月になると床の間には祖霊の鏡もちが供えられ 戸口にはしめ飾りをして、神社にお参りをするという日本独特の 信仰形態が現在もつづいています。

【石見神楽の蛇】
吉野氏は「日本人にとって蛇信仰はけっして単純なものでなく、 蛇に対する畏敬と嫌悪は「忌み」という言葉で何とか統一しえた 宗教感情であり、他方、「象徴化」という行為で克服しえた信仰 でもあった。」と明言しています。 「そうしてこの象徴化は、二者の緊張が強ければ強いほど、 より高度に芸術化され、洗練されていく傾向を持っていた。」 その流れが日本文化の底流として現代に続いているのでは ないでしょうか。


◯蛇骨神社 / 蛇幸都(じゃこつ)神社

蛇身の神の伝説

 御諸山(みもろやま)とは奈良県にあつ三輪山のことで、三輪山には大神(おおみわ)神社がある。大神神社では大物主神(オオモノヌシ)を祀っているため、オオクニヌシの国作りに協力する御諸山にいる神とはオオモノヌシということになる。オオモノヌシにはいくつかの伝統が残っている。  古事記の崇神天皇の記事の名には、「三輪」という地名の由来を語る話がある。  活玉依毘売(イクタマヨリビメ)という大変美しい女のもとに、夜中、とても立派な男が訪れるようになった。互いに好きになって結婚をすると、まもなくイクタマヨリビメは、妊娠をした。  両親が相手の男のことを聞くと「名前も知らない立派な男性が夜訪れたのです」と答えるので、その両親は娘に「赤土を床の前に散らし、麻の糸を針に通して、男の着物の裾に刺しなさい」と教えた。  夜になって男が訪れたとき、娘はその通りにした。朝になって麻の糸をたどってみると、その糸は、戸の鍵穴から外に出て、山の社で途切れていた。そこで立派な男は神であるとわかった。糸巻きには、麻糸が三輪残っていたので、その山を三輪山と呼ぶことになった。  この話のように正体不明の男が女性のもとに通い、その正体を知ろうとして着物などに針を通しておくという筋は、昔話にも多くみられる。昔話では、その正体はほとんどが蛇であるとされており、「蛇婿入り」の話として知られる。  ほかにも三輪山の神が蛇と関係する伝説が伝わっており、三輪山の神は蛇であると言われている。


◯蛇神湖の由来

平成8年3月に塩沢ダムが完成した際、その湛水湖は町民からの公募により「蛇神湖」と命名されました。  なぜ「蛇神」なのか?それには、こんな昔話があります。

 その昔、赤久縄山一帯は、深い原生林で里人の入れるところではなかった。  塩沢川の源流近くにある早滝は、昼なお暗く蔦葛がからまり、のたり合い、鬱蒼と茂る原生林に覆われ、その中に背筋が寒くなるような蒼くすんだ深い滝壺が水を湛え、溢れさせていた。  あるとき、村人がこのまぼろしの滝といわれている早滝を一目見ようと、川を遡り、谷を渡り、早滝のある本流へと足を運んだ。奥に入るほど人を拒むように谷は狭まり、そして深まり、足場は滑ったが、岩肌を這い、木の根につかまりながら、ようやく早滝に辿り着くことができた。  滝から散る水しぶきと滝壺から立ちのぼる霧は、肌をさすような冷たさだったが、滝を目の前にした村人は、林の中に横たわる朽ちた丸太に腰を下ろして、滝に目をうばわれていた。

 すると、腰をかけていた木がズルーッと動き出した。見るとそれは丸太ではなく大蛇であった。あまりの驚きに村人は逃げることさえも出来なかった。  その大蛇こそ、赤久縄山を神域として棲み、榛名山の蛇神とも兄弟と言われている、蛇の大神であった。後に村人達は、大神「蛇の神」を、「山を守り」「村を守り」「水を守る」神として崇めるようになった。  その神域の入り口がこの地であり、昔から蛇が多かったことから、ここに蛇の神を祀り、この地を誰が言うことなく「蛇神」と呼ぶようになった。  以後、蛇神様は、赤久縄山へ入る村人の山仕事の安全を祈る山の神として、そして下流域の人々からは、水確保と水害がないようにと祈る水の神として信仰されてきた。


◯ヤマタノオロチ伝説

高天原(たかまがはら)を追放された、須戔鳴尊(すさのおのみこと)は、出雲の国(島根県)、斐伊川(ひいがわ)上流の鳥髪(現船通山)にやってきました。須戔鳴尊が上流へ向かうと、一人の娘を囲んで泣いている老父と老婆を発見。それが脚摩乳(あしなづち)、手摩乳(てなづち)で、傍らにいた小さな娘があの奇稲田姫(くしいなだひめ)だったのです。 須戔鳴尊が、泣いている理由を尋ねると、「私たちには、8人の娘がいたのですが、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)がやってきては、毎年娘たちを一人ずつ食べていったのです。そして今年もまたヤマタノオロチがやってくる時期がきたので、最後の娘である奇稲田姫をも食い殺されてしまうかと思うと悲しくて、涙が止まらない」とのことだったのです。須戔鳴尊がそのヤマタノオロチについて尋ねると、2人は続けてこう答えました。「一つの胴体に8つの頭、8つの尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤であり、体にはコケやヒノキ、スギが生え、8つの谷と8つの丘にまたがるほど巨大で、その腹は、いつも血でただれている」と。 その恐ろしい風貌に須戔鳴尊はしばらく考え、こう切り出しました。「あなたたちの娘・奇稲田姫をわしにくれるなら、ヤマタノオロチを退治してやろう。お前たちは今からわしの言う通りにするのだ。そうすれば、化け物は必ず退治できる」と。須戔鳴尊の急な提案に脚摩乳、手摩乳は戸惑いましたが、「娘の命が助かるなら」と頷きました。 須戔鳴尊は、退治の準備の前に、まず嫁になった奇稲田姫の身を守るために、彼女を爪櫛の姿に変え、髪にさしました。そして脚摩乳、手摩乳に、「8回も繰り返して醸造した強い酒を造り、また、垣根を作り、その垣根に8つの門を作り、門ごとに8つの棚を置き、その棚ごとに酒を置いておくように」と指示をしました。二人は言われたとおりに準備し、ヤマタノオロチがやってくるのを待ちと、そこにヤマタノオロチがすさまじい地響きを立てながらやってきました。そして、8つの門にそれぞれの頭を入れて、ガブガブと辺り一帯に響き渡る豪快な音をたてながら、酒を飲み始めました。すると、酔っ払ってしまったのか、ヤマタノオロチはグウグウとすさまじいイビキをかきながら眠り始めました。その時です。スサノオは刀を振りかざし、ヤマタノオロチに切りかかり、体を切り刻み始めたのです。 刀がオヤマタのオロチの尻尾に差しかかった時、何かが刃先に当たり、中を裂いてみると、なんと剣が出てきました。この剣は、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)で、不思議に思った須戔鳴尊は、姉にこの剣を献上したと伝えられています。 ヤマタノオロチを無事退治し、この出雲の地が気に入った須戔鳴尊は、ここに奇稲田姫と住むための宮殿を造ることにしました。この宮殿を作る最中、雲が立ち上がった様子を見て、須戔鳴尊は歌を詠みました。「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠(ご)みに 八重垣作る その八重垣を」。これは、日本で初めて詠まれた和歌として神話に残されているのです。 その後、須戔鳴尊と奇稲田姫の間には多くの子どもが誕生。そのうちの1人、須戔鳴尊の7世の孫が、因幡の白兎でも有名な大国主命(おおくにぬしのみこと)と言われています。

蛇のことわざ

◯蛇足 ( だそく )

 余計なつけたし。無用のもの。 昔、楚(そ)の国で数名の者が酒を賭(かけ)にして、蛇(へび)を早く描(か)きあげる競争をした。 早くできた一人が得意になり、不必要な足まで描き加えたために、酒をもらいそこなったという故事。

◯蛇に蛙 ( へびにかえる )

 恐ろしいものや苦手の前に出て、身がすくんでても足も出なくなってしまうことのたとえ。  【参考】 「蛇ににらまれた蛙」ともいう。

◯蛇の生殺し ( へびのなまごろし )

 完全に生命が絶たれたわけではないが、回復の見込みもない状態に放っておかれること。  【例】 「人事異動で部署が変わり、蛇の生殺しにあったような状態だ」

◯蛇の道は蛇 ( じゃのみちはへび )

 大蛇の通る道は、蛇ならばおのずからわかるはずだ。 同じ仲間のことはその道の者にはすぐわかる。同類のものは互いにその事情に通じている、という意味。  【参考】 「蛇の道はくちなわが知る」ともいう。

◯蛇ににらまれた蛙 ( へびににらまれたかえる )

 圧倒的に強い相手の前で、恐ろしさのあまり体が
すくんで動けなくなる様子。  【例】 「世界チャンピオンの前では、蛇ににらまれた蛙のように、いつもの実力が出せなかった」  【参考】 「蛇に見込まれた蛙」ともいう。

◯蛇の足より人の足 ( へびのあしよりひとのあし )

 足もとに気をつけよということ。

◯蛇は寸にして人を呑む ( じゃはすんにしてひとをのむ )

 大蛇は一寸くらいの小さいころから、自分よりはるかに大きな人間を呑むほどの勢いがある。 偉人や英雄は幼少の頃から常人と違った気概があるというたとえ。  【参考】 牛を食らうの気

◯蛇に噛まれて朽縄におじる ( へびにかまれてくちなわにおじる )

 蛇に噛みつかれてから、腐った縄を見ても怖がる、ということから、 危険な経験によって恐怖から病的になって、すっかり臆病になってしまうことをいう。  【類句】 羮に懲りて膾を吹く

◯蛇は竹の筒に入れても真っすぐにならぬ

  ( へびはたけのつつにいれてもまっすぐにならぬ )  生まれつき精神の曲がっているものは、どんなにしても治しにくいこと。

◯盲蛇に怖じず ( めくらへびにおじず )

 盲人は、それが蛇だということがわからないから、ちっとも恐ろしがらない、ということから、 無知な者はどんなことにも恐れないで、向こう見ずなことを平気でやる、という意味。

 【参考】 Fools rush in where angels fear to tread.

◯竜頭蛇尾 ( りゅうとうだび )

 頭は竜で尾は蛇、ということから、始めは勢いが盛んであるが、終わりは振るわないこと。  【例】 「始めた頃は頑張っていたが、次第にやらなくなり竜頭蛇尾となった」  【類句】 頭でっかちの尻すぼみ

◯常山の蛇勢 ( じょうざんのじゃせい )

 昔、中国の常山という山に卒然という蛇がいて、その頭を打てば尾が力を合わせてこれを防ぎ、 尾を打てば頭が加勢にき、胴を打てば頭と尾が一緒になってこれを防いだということから、 首尾相応じて攻防し、敵の乗ずるすきがないようにする陣法。 また文章が首尾照応して、各部分の関係が緊密で一貫しているものにもたとえる。

◯杯中の蛇影 ( はいちゅうのだえい )

 壁にかけてある角に彩色をして蛇の模様にしたものが、杯の中にうつったのを見て本物の蛇だと思い、 神経を病んで病気となったが、説明を聞いて納得し治った、という故事から、気に病むことのたとえ。  【類句】 疑心暗鬼を生ず

◯草を打って蛇を驚かす ( くさをうってへびをおどろかす )

 ある一人を懲らして、関係する他人の人を戒めること。また、何気なくなくしたことが意外な結果を招くたとえ。

◯灰吹きから蛇が出る ( はいふきからじゃがでる )

 意外な所から意外なものが出るたとえ。また小事から大事が生ずるたとえ。 道理上あり得ないことのたとえ。「灰吹き」はたばこのすいがらを入れる筒のこと。

◯鬼が出るか蛇が出るか ( おにがでるかじゃがでるか )

 次にどんな恐ろしい事態が起こるか予想がつかない。

◯藪をつついて蛇を出す ( やぶをつついてへびをだす )

 わざわざ藪をつついて蛇を追い出し、それに噛まれるような愚かなことをする、ということから、 余計なことをして、思わぬ災いを受けることをいう。  【参考】 「やぶへび」ともいう。  【例】 「それ以上言うと、藪をつついて蛇を出すことになるぞ」


巳にまつわる昔話を読む
上部へ戻る